<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

大同杯二足歩行ロボット部門について

こんばんは!
二足班リーダーの荒川です。

懇親会のことを伝え忘れていましたので、ご報告します。
懇親会の参加の有無につきましては、すでにエントリーされました方はお手数ですが懇親会の参加の有無をメールでお送りくださいますようお願いいたします。
まだエントリーされてない方は5項目めに追加でお書きください。

また、大同杯の予選に関して必要ないのではというご意見をいただきましたので、メールにてご意見を下さいますようお願いします。意見に関しては、4月30日までにメールにてご意見を下さい。
お願いもうし

[PR]

by ditroboken | 2018-04-23 18:45 | Comments(0)  

大同杯二足歩行ロボット部門 エントリー開始

こんばんは。
二足班リーダーの荒川です。
大変遅くなりましたが大同杯のエントリーを開始させていただきます。

1.ユーザー名(サポートがある方はそちらの方のハンドルネームもお願いします。)
2.機体名
3.交通手段
4.エキシビションマッチへの参加の有無
上記を記入の上、5月18日(金)までにエントリーメール(du_roboken_entryあっとyahoo.co.jp)にご連絡ください。(メールアドレスのあっとを@に変換してからご使用ください)

[PR]

by ditroboken | 2018-04-16 18:34 | Comments(0)  

大同杯二足歩行ロボット部門 会場について

こんにちは!
二足班リーダーの荒川です。
今回は、会場について説明していきます。

大会について(会場)

・本大会の会場は大同大学滝春キャンパスB1階丸善前のカーペットで開催します。

 会場の隣のスペースが控室となります。

・大会中は飲食をしていただいてもかまいませんが他の選手に方の迷惑にならないようにお願いいたします。ただし、キャンパス内での飲酒はご遠慮ください。

・喫煙については大学内の指定された場所で吸っていただくか、キャンパス外でお願いいたします。

・はんだ付けスペースは設置する予定ではありますが、設置場所は未定です。確定し次第報告させていただきます。

・電源についてですが、こちらからドラムもしくは10mタップを用意しますのでそこから選手の方たちで分け合ってご使用ください。上記以外のドラムないしタップはこちらから貸し出しは致しません。

・セキュリティ上の問題としましてエントリーの際にメールで連絡された方の分だけしか控室と会場に入場するための確認証を発行いたしませんので予めメールにてご連絡ください。また、1チームにつき選手を除きサポートを二人までとさせていただきます。

 これにあたりまして、確認証をお持ちでない方は控室並びに会場に入ることができませんので予めご了承ください。

・控室での個人の整備エリアですがロボット1台につき1席とさせていただきます。



[PR]

by ditroboken | 2018-04-14 14:40 | Comments(0)  

大同杯二足歩行ロボット部門 決勝トーナメントルール

こんにちは!
二足班リーダーの荒川です。
今回は決勝トーナメントのルールについて説明していきます。

決勝トーナメント

試合規則

(イ)  “試合”は3分1ラウンド制とし、試合は審判の“ファイト”もしくは“はじめ”の合図で始まる。

(ロ)  “試合”は“ノックダウン”または“ダウンポント”によって勝敗を争う。“ダウンポイント”の0になった物を“ノックダウン”とみなし負けとする。ただし、最後の1ポイントは“ダウン”もしくは“大技”“投げ技”のみでしかマイナスされないものとする。

(ハ)  “試合”始めに各選手に6ポイントずつ割り振られる“ダウンポイント”は”ダウン”または“場外”で2ポイント“スリップ”で1ポイントマイナスされる。

 ・“ダウン”とは相手の攻撃により倒れた場合をいう。

 ・“場外”とはロボットが“リング”の外に出て自力では復帰できない状態を

言う。

 ・“スリップ”とは足裏以外の部分がリングについた場合をいう

大技

       ・相手を保持して投げる技を“投げ技”とする。“投げ技”の判断は審判が行う。また相手がリングの空中に舞う技を“大技”とする。“投げ技”もしくは“大技”は“ダウンポイント”から4ポイントを奪うことができる。“大技”の判定は審判の判断による。

・ 自機の腰位置より高いキックで相手を倒した場合は大技とする。

(ニ) ロボットが“ダウン”“場外”もしくは“スリップ”の状態になった時点から審判が再開を宣言するまで試合は中断しているものとする。その間時計は止めないが“ダウンポイント”の変動は行われる。



(ホ) “ダウン”又は“スリップ”後10カウントで“復帰”をできない場合“ノックアウト(K.O)”とし負けとする。

 ・“復帰”とは、“ダウン”“スリップ”したロボットが自力で立ち上がったと審判が判断した場合もしくは“場外”に出たロボットが審判の手によって“リング”に立った状態で戻され、審判が“試合再開”もしくは“ファイト”を宣言し試合が再開した事を言う。

(ヘ) 試合時間が0になった時点で“ノックダウン”の者がいない場合“ダウンポイント”の少ないものの負けとする。ただし、各部門の3位以上の順位の決まる試合、または総合順位を決める試合の場合は2分間1本勝負の延長戦を行う。そこでも勝敗が決しない場合はイエローカード数を考慮し、審判が勝敗を決める。

(ト)

 試合中、自分のロボットが攻撃を受けて“ダウン”しているとき以外選手は“タイム”を審判に申請することができる。審判が“タイム”を受理もしくは宣告した時点で選手は“ダウンポイント”から2ポイントマイナスされます。審判が“タイム開始”を宣言した時点から2分間“タイム”を申請もしくは宣告されたチームは自由に機体を触っても良い。それ以外の選手は審判に許可をされた範囲の作業は行ってもよい。また、2分に満たなくてもタイムを受理もしくは先刻された選手がタイムの終了を宣言し、審判が受理した時はその時点で“タイム”を終了します。



(チ) 選手が試合中、禁止事項に振れた場合審判は選手に対して“イエローカード”を宣言します。“イエローカード”2枚で“レッドカード”を宣言されます。しかしこの場合イエローカードの枚数は変動しません。



(り)審判が危険だと判断した場合“レッドカード”を宣言します。“レッドカード”を宣言された選手は審判から危険部位の修正もしくは注意のため“タイム”を宣告されます。

  修復可能な場合:試合を継続します

  復不可能な場合:“テクニカルノックアウト”を宣言します。発煙、発火は即時に“テクニカルノックアウト”を宣言します。“テクニカルノックアウト”を宣言された選手はその時点で負けとみなします。

ヌ) “リング”には赤コーナーと青コーナーがあり、“トーナメント”の左側を赤とする。また“リング”もそれに伴いお客様の方から見て左側を赤とする。

 

(ル) 試合中、“リング”の側で操縦者と審判以外の方は立たないで下さい。

(ヲ) 試合中の“ギブアップ”は審判に申請する。

(ワ) 1撃目を放ってから3秒以上同じ場所に留まって攻撃してはならない。

  ※選手が試合規則を無視した行為を行った場合は審判からの注意が入ります。

ダウンの規定

 ・相手の攻撃によって倒れた場合に倒れた機体に対して“ダウン”とみなす。

 ・“ダウン”中の“場外”はその“場外”は“ダウンポイント”に加算しない。

 ・“スリップ”中の“場外”は“スリップ”の“ダウンポイント”を加算しない

 ・スタートと停止ボタン以外完全自立ロボットの場合、試合開始と同時に相手に1ダウンを与える。

禁止事項

 ・ダウンもしくはスリップ中の機体に攻撃をしてはならない。

  ・ロボットが倒れている以外の状態で5秒以上停止した場合“スタンディングダウン”としカウントを始める5カウントで動かなかった場合は“スタンディングノックアウト”とする

 ・ビスなどではない試合をするのに妨げのないパーツを落下させた場合。

 ・審判の注意を無視した場合。









[PR]

by ditroboken | 2018-04-14 10:16 | Comments(0)  

かわロボ練習会「第5回大同杯」エントリー開始

こんにちは。今回も大同杯を開催いたします。

場所:大同大学 B棟1F丸善前スペース
日時:5月26日(土)※今年は土曜日です!!お間違えないようにお願いします。
時間:10:30開放、11:00試合開始

レギュレーション
ルールは本線の第24回大会規則に準じ、スタート台もフィールドの一部として扱います。

諸注意
・エントリー数は机の数やスペースなどの関係で、現段階では、先着20台とします。※変更する場合は随時連絡します

・エントリーは1人1台までとさせていただきます(部室解放時のフリーバトルは無制限)

・トーナメントが終わり次第、部室を解放しフリーバトルを行います(自由参加)(19時片づけ開始20時完全撤収)

・トーナメント組み合わせはこちらでランダムで決めさせていただきます。あらかじめご了承ください。(決勝はくじ引き)

※重要事項
・大学祭なので、観客や子供がとても多く来場されます。また、フィールド付近にガラス窓があるため、高速回転をして攻撃する機体は危険ですので参加をご遠慮いただきます。(横回転や回転ブレードなどの比較的低速なものはOK)
 ご理解の方をお願いいたします。
部室解放時でのフリーバトルでは回転シールドなどの高速回転系もOKです(状況判断のうえお願いいたします)

・丸善前スペースは若干狭いので、机といすはそれぞれ1つずつしか用意できません。ですので操縦者1人に対して付き添いは2人までと致します。

・ピットスペースには見張り役を立たせますが、貴重品は必ず身につけるなどをして盗難防止に努めてください。

・ピットスペースでの半田ごての使用は禁止にさせていただきます。やむを得ず使用しなければならない場合は、ロボ研部員にご相談ください。

公共交通機関でお越しください。どうしても車でお越しになりたい方は有料のパーキングをご利用ください。

エントリー
エントリー募集は

1.操縦者氏名(読み仮名もお願いします)
2.参加機体名(読み仮名もお願いします)
3.交通手段
4.携帯電話連絡先
5.団体名

をお書きのうえ、

du_roboken_2011(アットマーク)yahoo.co.jp

にご連絡ください。

締め切りは5月20日 16:00までとさせていただきます。(場合によっては延長の可能性あり)

今後、開放時間や開始時間等を変更する場合があります。

何かお気づきの点や質問があればコメントしていただけると助かります。

たくさんのエントリーをお待ちしております!!

[PR]

by ditroboken | 2018-04-13 16:39 | Comments(0)  

かわロボ練習会「第5回大同杯」エントリー開始

こんにちは。今回も大同杯を開催いたします。

場所:大同大学 B棟1F丸善前スペース
日時:5月26日(土)※今年は土曜日です!!お間違えないようにお願いします。
時間:10:30開放、11:00試合開始

レギュレーション
ルールは本線の第25回大会規則に準じ、スタート台もフィールドの一部として扱います。

諸注意
・エントリー数は机の数やスペースなどの関係で、現段階では、先着20台とします。※変更する場合は随時連絡します

・エントリーは1人1台までとさせていただきます(部室解放時のフリーバトルは無制限)

・トーナメントが終わり次第、部室を解放しフリーバトルを行います(自由参加)(19時片づけ開始20時完全撤収)

・トーナメント組み合わせはこちらでランダムで決めさせていただきます。あらかじめご了承ください。(決勝はくじ引き)

※重要事項
・大学祭なので、観客や子供がとても多く来場されます。また、フィールド付近にガラス窓があるため、高速回転をして攻撃する機体は危険ですので参加をご遠慮いただきます。(横回転や回転ブレードなどの比較的低速なものはOK)
 ご理解の方をお願いいたします。
部室解放時でのフリーバトルでは回転シールドなどの高速回転系もOKです(状況判断のうえお願いいたします)

・丸善前スペースは若干狭いので、机といすはそれぞれ1つずつしか用意できません。ですので操縦者1人に対して付き添いは2人までと致します。

・ピットスペースには見張り役を立たせますが、貴重品は必ず身につけるなどをして盗難防止に努めてください。

・ピットスペースでの半田ごての使用は禁止にさせていただきます。やむを得ず使用しなければならない場合は、ロボ研部員にご相談ください。

公共交通機関でお越しください。どうしても車でお越しになりたい方は有料のパーキングをご利用ください。

エントリー
エントリー募集は

1.操縦者氏名(読み仮名もお願いします)
2.参加機体名(読み仮名もお願いします)
3.交通手段
4.携帯電話連絡先
5.団体名

をお書きのうえ、

du_roboken_2011(アットマーク)yahoo.co.jp

にご連絡ください。

締め切りは5月20日 16:00までとさせていただきます。(場合によっては延長の可能性あり)

今後、開放時間や開始時間等を変更する場合があります。

何かお気づきの点や質問があればコメントしていただけると助かります。

たくさんのエントリーをお待ちしております!!

[PR]

by ditroboken | 2018-04-13 16:39 | 多足班 | Comments(0)  

大同杯二足歩行ロボット部門 大会規則

こんばんは!
二足班リーダーの荒川です。
大同杯二足歩行ロボット部門の大会規則について説明して参ります。

大会について(競技)
・大会は、予選競技の障害物走、決勝競技の決勝トーナメント、エキシビションマッチのサッカーの3部構成になります。
・予選競技の集計の結果で上位8機のロボットが決勝トーナメントに進出することになります。
・エントリー数によって変更される場合がございます。
・競技の進行状況によっては試合が前後する場合がございますのでご了承ください。

予選競技 障害物走について
・制限時間3分以内に指定されたコースを走破していただきます。コースアウトがあった場合は落ちた回数×5秒を記録タイムに上乗せさせていただきます。
・コースアウトした場合、審判または補助の人が立たせた状態でコースに戻しますのでホームポジションにしたら操作しないでください。自立機に関しましては自立歩行が難しい場合は操縦されても結構です。
・コースの床は木材になり、障害物としてペットボトル、コルク板、下敷、ゴム板、アルミ板、クリアファイルとします。
・障害物としてペットボトルを立てておきますが、ペットボトルを倒してしまうとペナルティとしてゴール時のタイムに倒したペットボトルの本数×2秒を上乗せさせていただきます。
・時間内にゴール出来なかった場合は、その時点での距離を記録とします。
・タイムが早い機体から決勝トーナメントへの進出を決めていきます。

エキシビションマッチ サッカーについて
・制限時間は3分とします。
・チーム分けはエントリー数をもとに2on2または3on2、3on3で行います。
・ゴールは床とボールの接地点がゴールに入った時点で得点となります。
・チーム内で代表者を決めてもらい、試合開始前に代表者同士でじゃんけんをしてもらいどちらがキックオフするかを決めます。
・場外にボールが出た場合はボールを最後に触ったチームの相手チームからキックインで始めます。
・キックインはコート内から始めますが、キックインのとき半径40㎝内には入らないでください。
・キックインから始めた場合は味方にパスを出すか、3歩以上ドリブルしてからゴールをしてください。
・ハンドについては肩ロール軸から腕先までの間にボールが触れた場合相手ボールから試合を再開します。(明らかに触れているのが分かる場合のみハンドを適用します。)
・試合中、機体同士が絡まってしまった場合は審判の指示に従い止めるか脱力してもらい、絡まりをといて審判もしくは補助の手が離れたら自力で起き上が立てください。
また、自力で起き上がれなくなった場合は審判または操縦者の判断によりその機体は棄権となります。

会場につきましては、まだ調整中ですので決まり次第ご報告させていただきます。
決勝トーナメントにつきましてもまだ調整中ですので決まり次第ご報告させていただきます。

[PR]

by ditroboken | 2018-04-07 18:14 | Comments(0)