機体紹介その3

こんばんは、二足リーダーのSSSです

今回も前回、前々回に引き続いて機体紹介をしていきます

今回でラスト三機紹介していこうと思います

それでは一機目
c0073612_01431397.jpg
機体名:バルルス・ナリス
ユーザー名:たぁにぐち
重量:1.45kg
身長:40cm
こちらは一年生が製作した機体です
特徴:背中(?)にイヤホンジャックが付いています
コメント「片腕の機体です。初出場なので緊張します。ドキ★ドキ」

続いて二機目
c0073612_20335189.jpg
機体名:VERDIA(ヴァーディア)
ユーザー名:シロユキ
重量:2.9kg
身長:54cm
こちらは二年生が製作した機体です
特徴:左右で異なった形状の腕
コメント「これからまだ改造予定・・・量産機って設定でした」

最後に三機目
c0073612_22432598.jpg
機体名:夜鷹・改
ユーザー名:Aチーム
重量:2.9kg
身長:48cm
こちらは三年生が製作した機体です
今回は二年生が機体をお借りして操縦します
特徴:腕にフリー軸がついています
コメント「今回、先輩から機体をお借りして出場させて頂きます。よろしくお願いします。」

以上合計9機で今回のROBO-ONE、ROBO-ONE lightに出場します!!

がんばります!!

[PR]

by ditroboken | 2016-02-11 01:56 | 二足歩行ロボ班 | Comments(6)  

Commented by GIC結晶ファン at 2018-02-14 19:19 x
 島根大学客員教授の久保田邦親博士は、ロボットの巨大化にかかわるブレークスルーに関する理論を発表した。
従来より、ロボットの関節機構は巨大化すればするほど、自重のほうが面積より大きくなるので、関節機構が
ネックになり開発が困難と考えられていた。その境界潤滑問題にナノレベルのメカニズムを明らかにした。
それを炭素結晶の競合モデル(CCSCモデル)というのだが、摩擦面圧を上げるとダイヤモンドが生成しやすく
なり、機械の摩擦損傷が激しくなるのでロボットは巨大化できないとする原因を解明したことになる。
 これに従えば、ダイヤモンドをつくらないトライボシステムを界面にデザインすることでガンダムみたいな
巨大モビルスーツが出来る可能性があることになる。
Commented by ビジネスモデルファン at 2018-02-21 23:59 x
やはり樹脂(ポリマー)化学はダイセルは世界最強ですからね。
Commented by オープンイノベーション熱望 at 2018-02-22 14:53 x
この方は合金設計の専門家だったと思いますが、ポリマーアロイでもつくるつもりなのでしょうか?
Commented by 姫路発明クラブ at 2018-03-02 00:12 x
正確なところは久保田邦親博士のfacebookをみるといいよ。
Commented by 金型屋 at 2018-03-12 08:50 x
 それにしてもSLD-MAGICの評判はいい。
Commented by 研究者 at 2018-03-23 16:42 x
ラマン分光法はけっこう使える。

<< ロボワン後の練習会について 機体紹介その2 >>