ルール

第9回robo-one競技規定をやっと印刷.
(研究室以外では正常に印刷できた.)

で,一応気になった項目を.(今更過ぎる)
・ロボットの規格から「オリジナルのロボット」という一文が消えた.
→市販製品,コピーロボットでもエントリー可能?

・第8回で参加資格検査を通過したロボットは
「まったく変更がないと認められる場合」審査免除.
→どう判断なさるんでしょ?

・参加資格審査時にもリングアウトは失敗.
→大きいロボットは大変だな.

・リングの各辺を20cm広げる.
→走るを存分にアピール.審判の方運動量増えますな.

・リングテーマソング
→あるの?あったの?

・ロボットが3秒以上攻撃,防御姿勢を維持した場合,歩行を指示される.
→前は5秒だったかな?

・攻撃を避けるために手など足裏以外の部分を故意に
リングにつけた場合,イエローカード.
→ダイナマイザーのような屈むガードは禁止ですか.
軽量級はキツイだろうな.

・捨て身技に使用制限

第8回との差は結構少ない.強力な捨て身技一種類では
トーナメントで勝てないか.バリエーション増やさないとな.
さて,今回の福男は誰になるんでしょう?
一桁代にはエントリーしたいな.       :みんなのやす

[祖父をモト冬樹、祖母を市毛良枝、父親を高橋克実、母を清水ミチコが演じる。]
豪華だな.特に祖父・・・・(元ネタはヤフーニュース ”実写化の夢実現”)
[PR]

by ditroboken | 2006-01-12 19:36 | 二足歩行ロボ班 | Comments(0)  

<< 書き忘れ。 3D CAD >>